くつろぎ備忘録

趣味で適当にくつろぐ人。真偽のほどは要検証で。

WriteFile(kernel32)

使い方
BOOL WriteFile(
HANDLE hFile, // ファイルのハンドル
LPCVOID lpBuffer, // データバッファ
DWORD nNumberOfBytesToWrite, // 書き込み対象のバイト数
LPDWORD lpNumberOfBytesWritten, // 書き込んだバイト数
LPOVERLAPPED lpOverlapped // オーバーラップ構造体のバッファ
);

 

戻り値
成功すると0以外が返る。
失敗すると0が返る。

 

他の例
pOverlapped = NULL
pBytesWritten = 0012F4E0
nBytesToWrite = C000 (49152.)
Buffer = 01520048
hFile = 0000005C (window)

 

説明
メモリアドレス0x01520048から0xC000バイトのデータを、ハンドルで指定した0x0000005Cのファイルに書き込む。
書き込んだデータのバイト数(0xC000)は、0x0012F4E0に書き込まれる。

 

参考
Microsoft MSDN
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc429856.aspx

広告を非表示にする